住宅購入・借換相談

人生で最も大きな買い物となる住宅。ほとんどの人が住宅ローンを組んで返済をしていきますが、金額が大きい分、購入前の計画もきちんと行うことが必要です。

金利の低さや月々の返済額の安さなど、目先の値ごろ感から購入を決める方も多いですが、返済期間は長期にわたりますのである程度先のことを考えながら返済計画を立てることが必要です。

たとえば、

「今後こどもが大きくなって教育費の出費が増える」

「今は夫婦二人で働いているが今後ご主人だけの収入になる可能性がある」

などライフプランが変わっても返済していける額を事前に把握しておく必要があります。

FP EYEでは、住宅ローン相談を3つのカテゴリーに分けてサポートをしていきます。

 

ひとつめは「購入前基本相談」

住宅ローンの基礎知識や、返済額のシミュレーションなど、今後の返済計画の概要をおおまかにイメージしてもらいます。借入可能額や住宅ローン減税の効果なども試算していきます。

 

次に「住宅購入サポートサービス」

こちらが住宅ローン相談のメインサービスとなります。住宅ローンの基礎知識や、返済額のシミュレーションをはじめ、団体生命保険加入による生命保険の加入内容の再検討、火災保険の加入の仕方、ローンを組む時に必要な周辺知識のアドバイスなど、購入前のさまざまな計画から購入後の家計のシミュレーションまでを行い、各ご家庭に合った購入計画を作成します。

 

最後に「住宅ローン借換サポート」

借り換えをして少しでも返済額を減らしたい‥‥。そんな方へのサービスです。ローン残債額をもとに、借り換え時の諸費用なども考慮した上で借り換えのメリットがあるかどうか試算をします。

 

これから住宅購入を考えている人はまずは「購入前基本相談」で購入後の計画をおおまかにイメージしていただき、その後に実際に購入を決めた時に「住宅購入サポートサービス」をご利用ください。購入後の家計の推移を把握し、各ご家庭に合った購入計画を立てていきます。

すでにローンを組んでいる人は、はじめに「借り換え前シミュレーション」で、借り換えのメリットがあるか確認をして、効果がある場合は借り換え後の家計の収支をシミュレーションし、ライフプランを作成します。

 

【購入前基本相談 メニューリスト】
職業や収入・勤続年数などの属性や、購入予定価格などを考慮して、おもに次の項目をシミュレーションします。
  • 借入可能額
  • 返済計画:頭金の額・借入額・利率・返済期間・月々の返済額を考慮
  • 諸費用の試算:購入時諸費用・固定資産税・修繕積立金・リフォーム費用などの試算
  • 住宅ローン減税を適用した場合の税軽減効果の試算

ご相談料金:5,000円(税別)

購入前基本相談を申し込む

相談申込から相談までの流れはこちらをご覧ください。

【ご相談までの流れ】

 

【住宅購入サポートサービス メニューリスト】
  • 返済計画の決定:具体的な借入額・金利・返済期間などを決め、返済計画をかたちにします(シミュレーションソフト使用)
  • 周辺知識アドバイスサービス:住宅ローンを借りる際に金融機関からは色々な提案があります。例えば、 「定期預金を組んだら金利を安くしますよ」「カードを作ったら金利を安くしますよ」知らない間に根抵当権をつけられてしまう、諸費用のローンを別枠で借りてしまう など、「これってどうなの?」という疑問が次々とわいてきます。こんな疑問に対して正確な答えや判断基準をアドバイスします。余計な出費やトラブルはできるだけ回避しましょう。
  • 「フラット35」手続きサポートサービス(ご希望の方のみ):ご希望の方には、提携している金融機関の「フラット35」の仮審査から融資実行までの手続きをサポートします。業界最低水準金利のフラット35を利用することができます。また、書類への記入方法や必要書類の準備などもサポートいたします。書類の記入漏れや不備などがあると審査が遅れたり、平日お仕事をされている方は必要書類を集めるために休みを取らなくてはいけない場合があります。とくにネットで申し込む金融機関の場合、担当者と顔を合わせる機会が無い場合が多く、事前に書類の不備が無いかのチェックができないケースがあります。 「もうあんな大変な思いはしたくない」「何度も書類を出す羽目になった」 という声を多く聞きますので、スムーズに手続きができるよう、サポートをしていきます。
  • ライフプラン作成サービス:住宅ローンを組む際はほとんどの方が「団体信用生命保険」に加入します。 例えばご主人がローンを借りた場合、万が一亡くなった場合にはローン残高はゼロとなり返済は不要となります。これにより、現在加入中の生命保険の 見直しをすることによって支出を抑えられる可能性があります。 また、火災保険への加入が必要ですが、マンションと戸建では必要な補償が少し変わってきます。また金融機関で販売されている商品は通常より割引されていますが、補償内容が決まっていて、ご自身に合ったプランに加入することが難しい場合があります。 こんな、住宅購入にともなう金融商品の選択サポートをします。 また、住宅ローン以外の収支も含めて今後の家計のシミュレーションし、 無理のない返済計画かどうかを最終確認します。
  • 生命保険見直し、火災保険プランニングサービス:団体信用生命保険を考慮して、必要な保障額の算出から見直し案の作成を 行い、最適な保障の準備方法を提案します。 また、火災保険の基礎知識を学んでもらい、必要な補償内容の作成を行います。
  • 住宅費以外の今後の収支も考慮して無理のない返済計画かどうかを確認する:教育費のかかる時期にローンが負担とならないか、 貯蓄残高はプラスに推移していくか、 退職後の生活費は確保できるか、 など今後の家計全体をシミュレーションで確認します。シミュレーション内容は提案書として後日お渡しいたします。

ご相談料金:20,000円(税別)

※「購入前基本相談」をご利用の後に、「住宅購入サポートサービス」をご利用の方は、上記金額より「購入前基本相談」のご相談料金を差し引いた金額がご相談料金となります。

住宅購入サポートサービスを申し込む

相談申込から相談までの流れはこちらをご覧ください。

【ご相談までの流れ】

 

【住宅ローン借り換えサポート メニューリスト】
  • 借り換え前シミュレーション:たとえ借り換え後の金利が低く返済額が減っても、借り換えにかかる諸費用を 考慮すると今のままで返済したほうが良い場合があります。 具体的な金融機関の商品をあてはめ、大きな効果があるかをシミュレーションします。
  • ライフプラン作成サービス:ライフプラン作成のほか、「住宅購入サポートサービス」と同様のサービスを行います。借り換えにより火災保険を見直す必要がある場合や加入中の生命保険の見直しなど、必要に応じて最適な商品提案をします。

ご相談料金:20,000円(税別)

※借り換え前シミュレーションを行い、借り換えの効果が無い場合には、5,000円(税別)の相談料金のみをいただきます。

住宅ローン借り換えサポートを申し込む

相談申込から相談までの流れはこちらをご覧ください。

【ご相談までの流れ】

【ページトップへ】

【ホームへ】