ライフプランソフトの上手な活用方法(家族構成・資産・収入の入力)

2.家族構成・金融資産・現在と今後の収入を入力する

基本的な入力項目になりますが、試算をするうえで大切な項目となりますので、今後の計画や試算の前提を明確にしたうえで入力をしてください。

3年後に子供が生まれたら?収入が現状のまま退職を迎えたら?
いくつかのパターンで試算をしてみる

はじめに【家族基本情報】欄に、ご家族のお名前・生年月日を入力します。

ちなみに生年月日は、和暦でも西暦でも構いません。昭和46年8月17日生まれの場合は、「S46.8.17」 または 「1971/8/17」と入力すればOKです。

ご本人・配偶者のほか、お子さまは5人まで、ご両親などその他のご家族については3人まで入力をすることができます。

また例えば、「今から3年後に子供が欲しいなあ」という場合には、「2018/9/16」と入力をすれば、将来生まれるお子さまについても今後のライフプランに反映させることができます。

別の画面で入力をする「教育資金」についても将来生まれるお子さま分も含めて試算ができますので、今後お子さんがもう一人増えた場合の、家計の推移も確認することができます。

金融資産の合計額を入力する

つぎに【資産状況】欄に、現在ご家庭にある金融資産の合計額を入力します。預貯金のほか、運用商品等があれば、その合計額を入力します。

資産運用率を入力できるようにしてありますが、個別の商品の利回り計算や、複数の商品を組み合わせた試算等には対応していませんので、例えば、すべての金融資産を入力したうえで、その平均の利回りを想定して入力する方法もありますし、

入力する金額は流動性資産(普通預金など)のみとして、資産運用で得られる金額については、個別に利回りを別で計算していただき、下の項目にある【継続収入・一時的収入】欄に、見込み額を入力していく方法もあります。

入力方法を工夫することで資産運用の内容をCF表に反映させることができますが、資産運用の入力については、今後改善をしていきたいと考えています。

 

※製品版のライフプランソフトは、項目を自由に追加・編集ができますので、ご自身で資産運用の項目を増やしたり、その内容をキャッシュフロー表に反映させることも可能です(カスタム版のみ)。

・製品版ライフプランソフト
 ※優待価格実施中!(2015/12/31まで)
http://www.sawada-fp.com/news/10years2.html

世帯の手取り収入を入力する

続いて【収入(手取り)】欄に、世帯の手取り収入を入力していきます。何歳まで、いくらの収入があるか、また、その間の収入の上昇率を入力することができます(マイナスの率の入力も可能です)。

転職・独立・再就職など、今後、収入の額が変わる可能性がある場合には、下の【継続収入・一時的収入】に、年齢と収入の額を入力してください。

退職金については、こちらの【一時的収入】に年齢と金額を入力をすれば反映されます。

会社の制度などで毎月定期的に積立を行っている場合には、その金額については収入には含めず、受取時期(満期時期)と受取金額を【継続収入・一時的収入】に入力をしてください。

 

※製品版のライフプランソフトは、今後の収入を上昇率で調整ができるほか、直接キャッシュフロー表に金額を入力することができますので、例えば55歳までは一定の額だけ上昇してそれ以降は変わらないようにする、など、自由に金額の調整が可能です。

◆最新のライフプランソフトはこちらから
・製品版 ※優待価格実施中!(2015/12/31まで)
http://www.sawada-fp.com/news/10years2.html

今後考えられる収入の項目と金額を入力する

最後に、【継続収入・一時的収入】の欄に、今後考えられる収入の項目と金額を入力します。先に触れた、再就職や退職金のほか、ご自身で行っている個人年金や運用商品がある場合には、受取時期と受取金額を入力します。

親からの贈与・相続等で将来まとまった額が見込める場合には、だいたいの時期と金額を入れても良いと思います。こちらについては時期や金額が不明確な部分が大きいので、金額については少なめに入力しておいた方が良いかもしれません。

その他、不動産収入などがある場合には、見込める金額と期間を入力していきます。

 

以上で「家族構成・現在の資産・今後の収入」の入力が完了となります。

次回は「支出」の入力方法についてお伝えしていきます。

支出の入力の前に、毎月どんなお金がどれくらいかかっているのか、この先、家計から支出するお金にはどのようなものがあるか、等をあらためて確認をしてまとめておいて下さい。

 

◆ライフプランソフトの上手な活用方法

1.現状確認とプランの想定

3.支出項目を入力する(その1)

 

◆最新のライフプランソフトはこちらから
・製品版 ※優待価格実施中!(2015/12/31まで)
http://www.sawada-fp.com/news/10years2.html

・製品版の概要・お申込はこちら【ライフプランソフト.com】
http://www.lifeplansoft.com/

・無料版
http://www.sawada-fp.com/simulation

 

◆ライフプラン相談はこちらから ※優待キャンペーン実施中!
http://www.sawada-fp.com/news/10years1.html